スポーツ選手や芸能人も受けているレーシック治療は画期的

様々なメニューで選ぶ

治療費用の一例です

男性医師

最近のレーシックでは、様々な方法が行なわれています。これまでのベーシックなレーシックの他に、各クリニックではより高度な技術を駆使したレーシックメニューを設けているのです。治療費用は通常こういったメニューによって異なります。従来より行なわれている基本的なレーシックの場合には、両眼の治療で約7万円から8万円が相場です。角膜へのアプローチを工夫したより安全性の高いレーシックも昨今では取り入れられており、こういったメニューの場合には両眼の治療で約20万円から30万円程かかります。 最近ではレーザー光の照射時間をわずか3秒程度に抑える高度な治療も可能となっているのです。どのような治療が可能かはクリニックによって変わってきます。

レーシックは、かつてはアメリカで大流行した視力回復法でした。現在では日本でも広く一般化し、治療を受ける方も増えています。一般的なレーシックでは、角膜を専用の機器を用いて一部剥がし、フリップと呼ばれる蓋を作ります。このフリップの扱い方が、近年は治療の安全性を左右する一つの要素となってきたのです。一度剥がしたフリップは、完全に修復されることはないとされています。従って、動きの激しいスポーツをしたりすると、時に部分的なトラブルが起こることもある訳です。 こうしたことから、現在のレーシックでは、フリップを作らない新しい方法が試されています。切除範囲を数ミリに限定し、極力合併症や後遺症のリスクを下げる訳です。